【K1404〜K1406】 英語教育推進研修 T〜V
【中学校・特別支援学校中学部】

  実施日:

  【T】
  @平成28年5月30日(月)
  A平成28年5月31日(火)
  B平成28年6月 1日(水)
  C平成28年6月 2日(木)
  D平成28年6月 3日(金)



【U】
@平成28年8月3日(水)
A平成28年8月4日(木)
B平成28年8月5日(金)
C平成28年8月8日(月)
D平成28年8月9日(火)


【V】
@平成28年9月26日(月) 
A平成28年9月26日(月)
B平成28年9月29日(木)
C平成28年9月29日(木)
D平成28年9月30日(金)
  会場: 県総合教育センター  

  講座内容
 文部科学省は、「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画(平成25年12月13日公表)」に基づき、英語によるコミュニケーション能力を有し、グローバル化に対応した人材の育成を図るため、平成26年度〜平成30年度にかけ、各学校段階における「英語教育推進リーダー」を養成するための中央研修を始めました。
 本研修は、平成27年度に中央研修に参加した三重県の英語教育推進リーダーを研修講師として、その内容の普及を図り、県内の英語教育に携わるすべての教員の英語指導力向上をめざして実施しています。
 今年度は、県内のおよそ5分の1にあたる中学校の英語の先生、約100名が、2.5日(全14時間)の研修を受講しました。
 文部科学省のプログラムに基づき、全8項目の以下の内容が行われました。
 (1) Speaking        (2) Classroom English       (3) Vocabulary
 (4) Writing         (5) Personalisation         (6) Teaching Grammar
 (7) Listening        (8) Reading
 研修はすべて英語で行われ、受講者の皆さんは、ほどよい緊張感をもって、様々な課題に英語で取り組みました。

  講座の様子












  受講者アンケートより
  • 授業で出来る限り英語を使いたい。
  • もっと英語を使って、生徒にも英語を話す時間を作っていきたい。
  • 生徒に英語を使う機会をたくさん作りたい。自分も授業で英語をどんどん使っていきたい。
  • 三重県中から集まった先生方とアイデアをやりとりする時間は、とてもよかった。
  • 生徒たちには難しすぎると思う内容も、「ジャンプ課題」として取り入れたい。
  • 授業改善のよい視点を得た。
  • スピーキングの4要素がとても役に立った。
  • 授業内容だけでなく、自分の英語のトレーニングになった。
  • 文法の導入や説明の効果的な方法を学んだ。
  • リスニングで生徒が考えながら取り組める方法を知った。
  • 作文するまでの練習やボキャブラリーの導入など、英作文についての方法が分かった。
  • 生徒のために、自分の授業をもう一度考えてみたい。
  • 他の先生からリーディングのアイデアをたくさん得た。
  • 「読むこと」の指導がわからなかったので、とても有意義だった。
  • 英文和訳ばかりになっている自分の授業を見直していく。
  • プリントや教材にもっと工夫をして、より活動的な授業をしたい。
  • 英語の文法を教えるアイデアを教えてもらった。生徒のために、自分の授業をもう一度考えてみたい。



戻る