【K0402】 授業づくり(中学校数学)
  実施日:平成28年8月25日(木)   会場:県総合教育センター
  講座内容
 講師に、岐阜聖徳学園大学 教授 玉置 崇 先生をお迎えし、「中学校数学科授業成功の極意」と題して、講義・演習を行いました。
 「授業づくりの根底に置いていること」、「算数・数学科らしい発問・指示・説明とは」、「数学的活動の具体例」などについてお話をいただきました。さらに、玉置先生には実際に模擬授業をしていただき、教材研究のポイントについて具体的に教えていただきました。

  講座の様子
  受講者アンケートより
  • 「入力する場面より、生徒が出力する場面を増やせ」という言葉がとても印象に残りました。
  • 生徒の思考を止めないために、発言を受容しつないでいく、「なるほど!」→「どう?」を是非やってみたいと思います。
  • 教材をもっと見つめなおそうと思いました。何を考えさせて、どこへ持っていくのかをもっとイメージしなくてはと思いました。
  • 授業で明日から使えるネタをたくさん仕入れることができたので、2学期が始まるのが楽しみになるすばらしい研修でした。



戻る