講師に、株式会社MH International Education代表取締役社長 ハビック 真由香さんをお迎えし、レゴジャパン株式会社の教育機関向けのレゴブロック教材「Story Starter(ストーリースターター)」を使って、児童生徒に課題解決力やコミュニケーション力を育む指導について研修しました。
 40名の受講者の皆さんは、3〜4名で1セットのストーリースターターを使い、講師から与えられる課題に取り組みました。手、頭をフルに使って作品を仕上げ、作った作品について発表するという一連の作業に、グループで協力して取り組み、会場は熱気や歓声で包まれました。課題解決力やコミュニケーション力について、体験を通して考えることができた研修となりました。
【K2001】 レゴブロックを活用した研修

受講者アンケートより

実施日:平成27年8月7日(金)      会 場:県総合文化センター        

内容

手で学ぶということが、子どもたちにとってどれだけ大切かということが実感できた。
コミュニケーションの取らせ方や問題解決方法といった、集団の中で大事にしたい関わり方について、自分が体験する中で考えを深めることができた。
・「考えなさい。」と言わなくても自然と考えられるような授業を作っていきたい。
・学校にレゴブロックはないので、そのままの形での実践は難しいが、図工の授業にストーリーを持たせるなど、様々に試してみようと思う。

・指導形態や学習意欲の高め方を活用していきたい。
・あっという間の3時間で、楽しく研修することができた。