【K0701】 理科授業スキルアップ研修(小学校)【3日間】第2回
         【市町教育委員会等との連携講座】
  【K170103】 理科指導法研究協議B                
実施日:平成27年10月1日(木)     会 場:四日市市立浜田小学校        

内容

 講師に筑波大学附属小学校 副校長 森田 和良先生をお迎えし、示範授業とその授業をふまえた講義を「質的変化のイメージを促進させる説明活動の工夫」という演題でしていただきました。
 示範授業では、6年生の「水溶液の性質」を扱い、「二酸化炭素を溶かした水は、溶かす前と比べてどのような違いがあるのだろうか?」という課題に対して、前時に学んだ内容をもとにして考え、説明活動をとり入れた授業を行いました。
 事後協議では、「実感を伴う理解」に近づくために、学習内容についての意味理解の必要性と、理解した内容を他者に説明する「言語活動」を設定することの効果について学びました。 

受講者アンケートより

・授業展開を工夫し、理科好き、得意な子を増やしていきたいと思いました。
・授業を参観しているこちらも楽しく、驚きを交えながら学ばせていただきました。
・示範授業・講義共に充実した内容でした。
・子ども一人ひとりを大切にし、言語活動、理解の定着への営みがとてもよくわかり、学ぶことができました。