【K0401】 授業づくり(小学校算数)
実施日:平成27年8月26日(水)      会 場:県津庁舎        

内容

講師に、文部科学省初等中等教育局教育課程課 教科調査官 笠井 健一先生をお迎えし、110名の受講者に対して、「数学的な考え方を育てる授業づくり」について研修講座を実施しました。
 笠井先生からは、授業改善のポイントとして、ねらいを明確にし、正対したまとめを書くこと、適用問題でよりよく解決できる力をつけること、発問を工夫すること、アクティブ・ラーニングの授業をめざすことなどを具体的にご指導いただきました。

 

・ねらいや振り返りから発問や問題を考える方法を知ることができ、とても勉強になりました。二学期からの教材研究に活かしていきたいです。
・子どもの主体性をどう育成していくか考えさせられました。発問や導入を工夫して、子どもが主体的に取り組める授業を展開していきたいです。
・見通しを持つことの大切さ、算数の本質的な理解のために大切なことを教えていただきました。振り返りについてなど、とても勉強になりました。

・具体例をあげた、実際の授業をみているような講義内容だったので、分かりやすく納得できた。2学期の授業に取り入れていきたいと思う。
・適用問題もめあてに対応したものにすることの大切さが分かりました。

受講者アンケートより