【K1002】小・中学校体育
−続・レクリエーション100連発−
実施日:平成21年 8月17日(月)
会 場:県総合教育センター 多目的ホール

内 容:講義・実技:「レクリエーション機能を活用した楽しい体育授業」
      講師:社団法人三重県レクリエーション協会 佐脇 重喜さん

レクリエーションにある「コミュニケーション・ワーク」や
「ホスピタリティ(思いやり、もてなし)」の機能を活用し、
仲間との交流の中で、体を動かす楽しさや心地よさを
味わいながら「運動の調整能力」を高める、楽しい体育
授業の創出方法を研修しました。



   
T ゲーム<全体ゲーム>

U ゲーム<グループゲーム>

V チャレンジザゲーム


   
受講者からは、

「楽しいレクリエーションを通して、心身発達の向上、仲間づくり、運動の習慣づけなど学べた。」(小学校)、

「体ほぐし運動のひとつとして実践していきたい。また体育の授業だけでなく、学級や行事の中での仲間づ
 くりでも使えると思った。」(中学校)

児童たちが楽しめるゲームが多くあり、とても参考になった。体育の授業のみならず、特活などでも活かし
  たいと思う。(特別支援学校)

などの声をいただきました。

 お薦め「ネットDE研修」
 ●「子どもの体力の二極化進展について考える。」
  講師:神戸大学大学院人間発達環境学研究科 教授 平川 和文

  ネットDE研修へのログインは  こちら から