【K0302】 授業づくり(中学校数学)     

 
  研修講座「授業づくり(中学校数学)」を実施しました。

  実施日:平成21年8月25日(火)
 
  会 場:県総合教育センター分館

  内 容:講師に筑波大学附属中学校教諭の大根田 裕 先生をお迎えし、27名の先生方が受講しました。
         講義・演習をとおして、日々の授業に数学的活動を活かし、スパイラルによる指導をするには、どの
         ような授業展開をすれば良いのかについて研修しました。



  受講者の声より・・・
   
   ◆数学を教える意義について
   ・教科書の内容を生徒に教えるだけの授業になっていた。1つの問題に対して、1番スマートな解き方を考えるだけ
   で済ませていたが、色々と学習した単元を活用しながら、あらゆる解法を考えさせ、多様な見方・考え方を育成する
   ことが大切だと感じた。
   ・問題の解き方を教えるだけでなく、「どうして解けるのか?」というやり方について考えさせ、数学を通して創造させ、
   生きる力を身につけさせる授業にしていきたい。

   ◆教材について
   ・頭の中で考えるだけでなく、折り紙のような具体物を用いると視覚的に理解できて、分かりやすいし思考もぐんと
   深める事ができる。今後、できるだけ具体物を使いたい。
   
   ◆自分の授業を振り返って
   ・専門的な知識について、自分自身の勉強不足と頭のかたさを感じた。もっと勉強して私自身が力をつけ、柔軟な考
   え方を身につけなければいけない。

    
               お薦め ★ネットDE研修 「授業実践に学ぶ『数学的活動』」 
                      講師:筑波大学附属中学校 教諭 大根田 裕 先生
                        
                         ネットDE研修ログインは こちら から