【T0102】 授業実践がひらく人権教育  
 研修講座「授業実践がひらく人権教育」を8月6日、ワークセンター津に於いて実施しました。

小中高特別支援学校から38名の参加がありました。内容は、小中高校からそれぞれ1本ずつ授業実践に

かかわる報告を行い、その後 研究協議を行いました。

◆志摩市立磯部小学校の谷口剛先生は、今までの子どものとの出会い・かかわり方を紹介しながら、

本当の意味での仲間づくりについてお話しいただきました。

特に家庭訪問のあり方、学級通信の内容について具体的に教えていただきました。

◆伊賀市立丸山中学校の北永正樹先生は、ワークシート(「これって不平等?」、「あなたの中の見えない特権」)を

実際つかって、受講者を生徒に見立てての模擬授業を行っていただきました。

◆三重県立白子高等学校の種生義巳先生には、人権学習教材「わたしかがやく」の活用事例をご紹介いただき、

その後 グループに分かれて実際に指導案づくりを行いました。

 教材活用やプログラム開発にかかわる研修会に対するニーズはとても高いと考えています。

今後とも授業実践にかかわる研修会の充実に努めます。