【M0801・M0802】 現業職員研修  
【 一般研修 】−施設・設備におけるバリアフリーについて−
実施日:平成20年7月29日(火)
会  場:県男女共同参画センター
内  容:講義・演習「施設・設備におけるバリアフリーについて」
     :講師 三重県健康福祉部
<受講者より>
・疑似体験をしたことで、高齢者や障がいのある人の大変さを身をもって理解できた。
・ユニバーサルデザインの意味と心が分かった。
・バリアフリーについて学校周辺、施設内の設備を見直し対処したい。
【技術研修1】−塗装(ペンキ)の仕方−
実施日:平成20年8月5日(火)
会  場:県久居庁舎
内  容:講義・演習「塗装(ペンキ)の仕方」
     :講師 アサヒペン技術者
<受講者より>
・塗装の基本を学べた。メンテナンスに生かしていきたい。
・今までの塗料選択の仕方に誤りがあったことに気付いた。
・わかりやすく丁寧な説明で大変良かった。また、テキストも今後役に立つ資料になる。
【技術研修2】−ひも・ロープの結び方−
実施日:平成20年7月30日(水)
会  場:県久居庁舎
内  容:講義・演習「ひも・ロープの結び方」
     :講師 日本ボーイスカウト三重連盟 事務局長 長井 英雄
<受講者より>
・結びやすく、ほどきやすい点を重視した方法を学び、日常業務の効率を上げられると思った。
・色々な結び方を用途に応じて使い分けをしたい。
・ロープの結び方の基本、応用を学んだ。学校で他の職員にも環流したい。
【技術研修3】−特別支援教育基礎講座
実施日:平成20年8月22日(金)
会  場:県津庁舎
内  容:講義<午前>A「視覚障がい児の教育」 B「聴覚障がい児の教育」 C「病・虚弱児の教育」
     :講義<午後>D「知的障がい児の教育」 E「LD等発達障がい児の教育」 F「肢体不自由児の教育」
<受講者より>
・子どもに応じた関わり方を考えるよう、心がけていこうと思う。
・作業学習においてなど、一緒にできることを協力していきたい。
・コミュニケーションの方法や介助の方法など良く分かった。
【技術研修4】−調理技術の向上−
実施日:平成20年7月25日(金)
会  場:県立相可高等学校
内  容:講義・演習「食材を生かし安全に調理するためのプロの技」
     :講師 県立相可高等学校 教諭 村林 新吾
<受講者より>
・基本的なことを改めて勉強できた。今後の学校給食に役立てたい。
・調理をするだけでなく、違う面から調理について考えられる良い機会になった。