K1203 小学校外国語活動中核教員研修
「小学校外国語活動中核教員研修」講座を実施しました。 

実施日:平成20年8月1日(金)、7日(木)、26日(火)
会 場:【中部】8月1日・県津庁舎 
     【南部】8月7日・大紀町コンベンションホール
     【北部】8月26日・県四日市庁舎
内 容:
H19年度に「小学校における英語活動等国際理解
活動指導者養成研修」を受講した4名の講師

・県教育委員会事務局小中学校教育室 黒川指導主事
・同研修指導室 川合主幹兼研修主事
・名張市教育委員会事務局学校教育室 中森副参事
・四日市市立内部中学校 中西教諭

により、H23年度から本格実施される5,6年生への
外国語活動について講義、模擬授業、グループワーク
など盛りだくさんな内容で研修を実施しました。
受講者は各小学校から1名の中核教員の方で
【中部】162名、【南部】119名、【北部】144名
が受講しました。
以下に受講者アンケートからの声をご紹介いたします。
○とても不安な気持ちで研修に来ましたがとても楽しい一日でした。子どもたちにもこの楽しさを味わわせてあげたい
  と思いました。同じ教材でもいろいろな授業の仕方があることもよくわかり、早速自校の先生たちに今日学んだこと
  を伝えたいと思いました。

○外国語活動はオールイングリッシュの授業と構えて考えていました。しかし今日の講座で英語のシャワーを浴びせ
  ながらも要所要所は日本語で説明したりほめたりしながらキーセンテンスやキーワードを身につけさせる、外国の人
  やクラスの友達と英語でコミュニケーションをとろうとする、相手を理解しようとする態度を育てることが大切だと思い
  ました。

○学級担任が指導に関わる必要性を改めて認識しました。ALTに任せているところがあったので、2学期からは子供の
  興味・関心を高め楽しく英語活動ができるようにしっかり取り組んでいきたい。今日学んだことを学校で還流していきた
  いと思います。

○講義は資料の中に空欄があり大切なことを記入することでより内容を理解することができたように思います。
  グループワークは初めての方とも楽しく活動することができました。資料をたくさん提示していただいたのでとても参考
  になりました。

○やはり教師のパワーは必要だなと思いました。オールイングリッシュでないにしても褒め言葉や英語で言えるようになり
  たいと強く思いました。今後自分の力を高めるために少しずつでも努力していきたいです。
  今回初めて英語ノートを具体的に知ることができ、とても充実した内容で使いやすそうなので安心しました。活動のヒン
  トがたくさんあるし、今日その実践も見ることができたので今後に生かしていきたいです。

○英語がペラペラでなくても、英語を楽しむことができるということがよくわかりました。子どもたちが間違いを恐れず楽しめ
  る工夫をしていくと同時に教師も一緒に学んでいくことを楽しみたい。ALTの先生に助けを得ながら担任が中心になって
  やる大切さがよくわかった。校内の研修会でも授業実践をして広めていきたい。