K0701 理科実験スキルアップ研修(小・中学校)  
 5回連続講座として、理科の観察・実験授業のスキルアップをめざす講座を実施しました。
 すばらしい熱意を持って、とても楽しい理科授業を実践されている講師さんたちをお迎えして、毎回たくさんの教材を
製作したり、体験したりしながら研修しました。

第1回 「『撮る−観る−わかる』の理科授業」
     ・デジタルカメラ、ビデオカメラ、パソコンを連携
第2回 「理科教材100連発」
     ・液体窒素 ・身近なものをつかった楽しい理科実験
第3回 「生き物の観察と標本作製」
     ・顕微鏡による観察と撮影 ・標本作製
第4回 「星空観察−2008年夏−」(15時〜21時)
     ・プラネタリウム実習 ・四季の星空観察 ・経緯台のフル活用
第5回 「『地球』を観察!」    
     ・空と雲の観察力をアップさせる教材 ・身近に親しむ岩石調べ
             
  講師 社会教育・文化財保護室 主事 中野 環 (第3回)
     多気町立佐奈小学校 教諭 小竹 一之 (第4・5回)
     伊勢市立沼木中学校 教諭 泉 勝人 (第2回)
     および センター職員
ビデオカメラとパソコンで微速度撮影
↑この画像をクリックするとムービーを再生します
研修のときにあらわれた積乱雲とかなとこ雲
起きあがったり、不思議な動きをする「ピコピコ」
種子散布の模型づくり 圧力と浮力のおもちゃ(浮沈子)
浮いたり、沈んだりします。
津市の海岸で採集したいきもの(付着生物も)を分類してみる実習  
屋内実習後に、夜間天体観測
双眼鏡・望遠鏡の使い方をマスターして、
いろいろな天体を観察しました。      
雲の模型を作って、「雲かるた」ゲームをしたり、
ひまわり画像の連続ムービー教材を作る実習など。