【K0103】高校国語  
実施日:平成20年11月6日(木)
会 場:総合教育センター(第4講義室)
内 容:「読解力」の育成をめざす授業をあり方について、講師に三重大学教育学部の守田庸一先生をお迎えして
     研修を行いました。評論文の授業の組み立てなどについての講義、実践発表に続きグループ活動を行い
     ました。いくつかの用意された教材について、同じ教材を選んだ受講者がグループを組み、指導法について
     協議を行い、さらに受講者全員で共有しました。
受講者の声をご紹介いたします。(原文のとおり)
○評論文の授業はいつも月並みなものになってしまい悩んでいました。今日はいろいろと参考になりました。
 今までになかった観点からの切り口を知ることができました。
○国語の授業における表現方法から論旨へのアプローチ、日本語学・文法学、モダリティという観点からの
 評論文読解、表現指導が非常に新鮮でした。(同意見多数)
○「読解力を育成する」ために何が必要かというヒントを頂けたと思う。講義にもあったが、読解力をつけると
 いうことは表現力をつけることと密接に結びつくと思うので、これから工夫していきたいと思う。