【K0101】 授業づくり(小学校国語)
【A011503】第15回初任研 授業づくり(小学校国語)
−「読む力」を高める授業づくり−
 「授業づくり(小学校国語)」講座を実施しました。 

実施日:平成20年7月29日(火)
会 場:県総合教育センター
内 容:61名の先生方が受講していただきました。
 講師に松阪市立第五小学校の木村校長先生、実践発表に2名の先生をお迎えして密度の濃い研修を行いました。
板書や発問など基本的な授業の進め方や流れだけでなく、実際の授業の様子を実践報告いただいたり、模擬授業も
行うなど盛りだくさんな内容でした。
以下に受講者アンケートからの声をご紹介いたします。
○板書の仕方、聴写・視写・動作化について、レジメの内容など、9月から早速実践していきたいと思います。
○午前:実践が多く紹介されたので良かったです。授業をスムーズに進めていくためにどういった発問がよい
かということがピンポイントで聞けてよかったです。午後:ノート指導や本読みについて手取り足取りという感じ
で何だか生き返ったみたいです。
○教材研究の重要さを痛感したとともに、どのような教材研究をして授業に臨むべきかについてよくわかりました。
○子どもの立場に立って受けた模擬授業もあり、自信がなくなかなか手を挙げられない子どもの気持ちもよくわか
りました。
○読みとりをしていく中では根拠を明らかにすることの大切さ、そして自分たちで考えるような発問の仕方をしなくて
はいけないと思いました。
○音読の大切さを感じました。子どもが自ら気づくためには発問を工夫したりこちらが与えるのではなく、自分で考え
る機会を作ってやることが大切だということを痛感しました。