【A011507】第15回初任研
授業づくり(小学校体育)
   −楽しい体育授業創設の基本− 
  
実施日:平成20年8月7日(木)
会  場:県立特別支援学校 北勢きらら学園
 本講座は、初任者を対象に、小学校体育の目標・役割を押さえながら、体を動かす楽しさや心地よさを味わう、
楽しい体育授業の創出方法の基礎基本を研修しました。

講義:「児童の体力の現状を通して体育の授業を考える」
講師:大阪教育大学 教授 小山 健藏
    ・体力とは?
    ・健康づくりの運動と競技スポーツの立場
    ・児童の体力の現状
    ・運動と発育、発達について
    ・小学校体育の授業を考える
    ・まとめ

講義・実技:「体を動かす楽しさや心地よさを味わう体育授業実践」
講師:県教育委員会事務局 指導主事
    ・はじめに
     小学校体育で考えておきたいこと・・・ 等
    ・実際の体育授業では
    ・実際に動いてみましょう
    ・まとめ
受講者からは、「体育を専門的な視点から見ることができた。」、「児童期は、神経系の発達が著しいということを知り、
色々な経験が必要であることを学んだ。」、「体と心が密接に関わっていることが体験(実技)でわかった。」、「どのよう
に楽しんで運動させるかという具体的な方法を知ることができた。」等の声を頂きました。