Information


第9回初任者研修が終了しました

第9回初任者研修を、小学校は8月6日(月)・7日(火)、県立学校は8月24日(金)、中学校は台風で延期になったため12月27日(木)に実施しました。
午前と午後の二部構成で「学校・学級経営」と「ICT活用」について、グループに分かれ、講義・演習を行いました。
「学校・学級経営」については、マネジメントに関する基礎的な知識・考え方を修得し、今後の学校経営・学級経営に活かす力をつけるための研修を行いました。
「ICT活用」については、ICT活用指導力・情報モラルなどを指導するための能力についての講義、ICTを効果的に活用した授業事例の紹介のあと、実際に与えられたテーマに対してICTを効果的に用いてプレゼンするグループワークを行い、作成したものを使って発表し合いました。
受講者からは以下のような感想が寄せられました。

「学校・学級経営」
・よりよい学校・学級にするためには、きちんと計画を立ててから実践することが大切だと学んだので、何をするにもしっかり原因を考えてから行動に移したい。また、学校全体で子どもを育てていくという意識をもって、仕事に取り組みたい。
・学級戦略マップを作ったことで、自分のクラスの課題が明確になりました。さらに、学年末の子どもたちに求める姿についても明確になり、そこへの手立てとして、自分の教材研究を進めることや、授業法などについても勉強していかないといけないと感じました。そして、学級経営を効果的に進めることで、学校の一員としても積極的に働いていきたいです。
・明日は、朝職員室に入るとき、笑顔で明るく挨拶をします。

「ICT活用」
・私の学校ではICT機器の導入があまり進んでおらず、使用したことがありませんでした。しかし、今日の講義を聞いて、ツールとしてICTを利用することにとても納得しました。
・今回の講義では、講師の先生方の実践を教えていただいて、夏休み明けから自分も真似ができるところからどんどん真似をしていきたいと感じた。また、後半の実践では、グループで話し合いながらテーマを考えていくことで、インターネットの活用能力がどれぐらいあるのかを知ることもできた。これを子どもたちへの指導につなげていけるようにしていきたい。

TOPへ